格安のパソコンを高い買い物にしないために

近年格安のパソコンがつぎつぎと登場しており、「この値段なら買ってみてもいいかな」なんて安易にパソコンを買ってしまい、あとでスペックが足りずに後悔するなどといった経験をされた方も案外多いのではないでしょうか。激安価格で2~3万円、格安価格でも5万円程度を考えなければならないパソコン購入において、このような後悔は誰でも避けたいに決まっています。この記事では、目的に合わせたパソコン価格のおおまかな目安について、おもに初心者の方を中心にレクチャーしていきたいと思います。

ブログを作ったり更新したり、あるいはネットサーフィンを楽しんだり、WORDやEXCELなどオフィスソフトで簡単な書類を作りたい、仕事用でメールチェックやプレゼンテーション資料の作成に使いたい、などの使用目的であれば、2~3万円台のパソコンでも充分な性能を発揮できます。

ほとんど何も考えずに最安値のパソコンを衝動買いしてもあまり問題はありません。パソコンは技術進歩の早い分野です。数年おきに買い替えることを考えて、できるだけ安く頻繁に新しいパソコンを使えるような買い方が賢い買い物の仕方であるといえます。

デジタルカメラで撮った写真や動画を見たり保存したり、または管理したり、iTuneを使って音楽を楽しんだり、ネットで動画を見たり、といった目的で使用する場合には3~5万円台のパソコンを選んでください。

予算内においてハードディスクの容量やサウンドボード、スピーカーなどにこだわってみると、満足のいく一台を手に入れることができるでしょう。

最新の3Dオンラインゲームをやりたい場合は、最低でも10万円は考えてほしいところです。BTOのパソコンを検討していただければ、さらに格安での入手が可能になります。一昔前と比べれば、驚くほど格安でこうしたパソコンが手に入るようになりました。

限られた予算の中でまずはグラフィックボードを優先し、ついでCPU、メモリといった具合に優先順位をつけて選択するとよいでしょう。

現在は昔に比べて価格・性能ともに格安でパソコンを入手できる時代です。しかし用途に応じて選ばなければ、いくら格安のパソコンでも高い買い物になってしまいます。この記事を参考に、自分に合ったパソコンをぜひ選んでみてください。

image1234567890.jpg
image1234567891.jpg